会社員しながら「堅実」に稼ぐ方法を発信中!

【2019年せどりで稼ぐ】せどりのつらい部分は○○だと感じた!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
・神奈川県田舎育ち、184cmの猫背男 ・現在、会社員4年目の27歳 ・大学時代に就職留年を経験する ・ネットワークビジネス&投資で400万円以上失う ・「堅実」に稼げるせどりで絶賛再起中 ・ウユニ塩湖に行って価値観が180°変わる ・座右の銘:「人生一度きり、やりたいことをやる」
詳しいプロフィールはこちら

 

せどりって何がつらいの?

・せどりの負担を減らす方法は?

・せどりつらいなぁ、辞めようかな…

こんな悩みや不安のある方に向けた内容です。せどりを始めようか検討している方であれば、せどりのつらい部分が見えず、始めるのを躊躇しますよね。

またすでに実践されている方は、せどりのつらい部分にぶつかり、モチベーションが下がって辞めようか考えているかもしれません。

そんな悩みや不安があるあなたに、せどりを始めて5か月目を迎えた僕が経験談を交えながらつらい部分を解説し、あなたのモチベーションを高めていきます

事実、僕自身もせどりが「つらい」と感じたことはありますし、何度も辞めようとも思いました。ですが、せどり以外に堅実に収入を得られるものはないと考え現在も続けております。

というわけで、さっそく内容に入っていきましょう。

せどりのつらい部分

いきなり申し上げますが、せどりで稼ぐことは楽ではないです。なぜなら、肉体的につらい部分と精神面につらい部分の2つの側面があるからです。

肉体的につらい部分

箇条書きにまとめました。結論から言えば、かなりの重労働です。僕は本せどりをメインに実践していますが、発送する際25kgの段ボールを8箱運んだことがあります。

…けっこう重労働ではありませんか?(笑)配送業者の人に取りに来てもらえば解決するんですけどね。

せどりで肉体的につらいと感じること

・商品をリサーチする作業

・仕入れに行った帰りなど、重たい荷物を持つこと

・多数の商品を検品すること

・多数の商品を梱包すること

・重たい荷物を運送業者に発送品を持ち込むこと

こんな感じで、作業することが多いので1人でやるのであれば肉体的につらいです。個人的な感想ですが、腰に結構負担がきます。正直に言えば、腰が悪い方にはオススメできないです。

ただし、そんな方でも解決できる方法があります。それは、作業の外注化です。例えば、梱包作業を家族の人にやってもらうことです。

自分のやりたくない部分を外注化すれば、自分の作業負担も減るのでオススメです。まずは家族の人からお願いしてみるのがいいかもしれませんね。

精神的につらい部分

コチラも箇条書きでまとめてみました。せどりを実践していると、たびたびトラブルがあります。

僕は過去何度もトラブルに見舞われ、クレーム&返金したこともあります。さすがにその時はモチベーションが下がりましたね。

僕が経験した精神的につらかったこと

・仕入れた商品に不備があり、売り物として出品できないこと

・商品が売れないor薄利だったこと

・購入者からクレームが来たこと

・商品を返品&返金したこと

僕が4か月で経験したことはこんな感じです。トラウマになったこともあって、せどりを辞めようか考えたこともありました。

ですが、商品はどんドン売れていきました。低資金で且つ自分で売れないリスクを回避できるので、堅実に稼げます。そういった理由もあり、現在も継続しています。

せどりの負担を減らす方法

それは、自分でやる作業を減らすことです。いい意味でサボりましょう。ここでは2つの方法を紹介していきます。

①外注化する

他の人に任せることです。僕はまだ実際にしていませんが、せどりで爆発的に稼いでいる人はほとんどの人が外注化しています。

どこを外注化しているかというと、自分のやりたくない作業です。検品や梱包作業の部分をしている人が多いですね。

 

「お願いできる人がいない」

 

と思う方もいらっしゃるでしょう。まずは家族にお願いしている人が多いみたいです。実家が近い方であれば大いに検討できますね。

ツール・アプリを使う

コチラは実際にやりました。結論から言えば、負担と時間を大幅に減らすことができました。特にプライスターというツールはリサーチ時から利益計算、納品作業をスマホでできるので非常に便利です。

月額4,800円かかってしまうのがデメリットですが、それでもその分の時間と手間を省けたので僕は導入して良かったなと思っています。

他にもアプリやビームといった種類があり、それは体験し次第ブログに随時書いていこと思っています。

モチベーションが下がってやらなくなってしまうくらいなら、有料ツールを使って負担と時間を減らしてその分作業できる時間を増やした方が良いと思っています。

せどりを辞めたくなることもある

僕は以前クレームをもらったことがありまして、その時はさすがにやめようかなと思いました(笑)

ですが、僕は過去MLMや投資に400万円以上費やしましたが、全く稼げませんでした。そんな僕でも、月に数万円ではありますが、稼ぐことができています。

MLMや投資はどうしても相手や会社次第で収益が変わってしまいます。つまり、自分ではどうしようもできません。

ですがせどりの場合は、売れないというリスクをリサーチの段階で回避することができます。その結果、今まで稼ぐことができなかった僕でも稼ぐことができています。

108円の雑誌が1000円以上の利益を生んでくれるって、夢がありませんか?

まとめ

以上が、せどりのつらい部分を僕の経験談を交えて紹介した内容でした。

この記事のまとめ

・肉体的につらい部分がある

・精神的につらい部分がある

・つらい部分は原因を改善すれば良いだけ

せどりで稼いでいる人は、ノーミスなのかというとそうではありません。どこかで失敗してつらい思いをしている人がほとんどです。

辞めたいと思ったこともあるでしょうし、僕もそう思ったことがありました。そう感じてもせどりを継続してやり続けている人が最終的に稼いでいます

僕自身も今後失敗することやつらいことがあるでしょうが、やはり堅実に稼げるというこのせどりは非常に魅力的なので継続していきます。

せどりを始めようか検討している方、もちえーションが下がっている方がもしこの記事を読んで、せどりを頑張ろうと思ってもらえるのであれば幸いです。一緒に頑張っていきましょう!

というわけで、今回の内容は以上になります。

それでは!

この記事を書いている人 - WRITER -
・神奈川県田舎育ち、184cmの猫背男 ・現在、会社員4年目の27歳 ・大学時代に就職留年を経験する ・ネットワークビジネス&投資で400万円以上失う ・「堅実」に稼げるせどりで絶賛再起中 ・ウユニ塩湖に行って価値観が180°変わる ・座右の銘:「人生一度きり、やりたいことをやる」
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ウユジンの副業で稼ぐブログ , 2019 All Rights Reserved.