会社員しながら「堅実」に稼ぐ方法を発信中!

【2019年せどりで稼ぐ】仕入れ時のリサーチに必要なツール

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
・神奈川県田舎育ち、184cmの猫背男 ・現在、会社員4年目の27歳 ・大学時代に就職留年を経験する ・ネットワークビジネス&投資で400万円以上失う ・「堅実」に稼げるせどりで絶賛再起中 ・ウユニ塩湖に行って価値観が180°変わる ・座右の銘:「人生一度きり、やりたいことをやる」
詳しいプロフィールはこちら

こんばんは、ウユジンです!

今日は待ちに待ったクリスマス・・・ではなく給料日ですね!というわけで、さっそく仕入れに行きました。(そっちか笑)さて、聖なるクリスマスの日に仕入れに行った結果はどうだったのかというと・・・

<クリスマスの仕入れ速報>

仕入金額:約¥14,000
見込み利益:¥20,000以上!

ざっくりではありますが、こんな感じでした!サンタさん、ありがとう!仕入れのやり方がようやく固まってきて、安定して利益商品を見つけることができています。行動し続けることは大事ですね。

今回の記事は、仕入れ時のリサーチに必要なものを消化しする記事になります。せどりを始めたての人や検討している人は、商品を仕入れる際に何が必要なのか分からないと思います。そんな悩みを解消して、万全の状態で仕入れに行けるようになる内容になります。

せどりは「仕入れ」が肝!

仕入れに必要なものを紹介する前に、せどりのリスクを知っておきましょう。せどりをやる理由は人それぞれだと思いますが、僕は少しでも収入を増やしたいからです。会社からの給料では将来不安に感じてしまうことが多いのです。

収入を増やすことが目的であれば、リスクはせどりで収入が入らないことになります。そうなる要因は2つあります。

せどりのリスク

・商品が売れないこと

・売れても利益が出ないこと

どちらか1つでも該当する商品を仕入れてしまったら、収入は減ってしまうもしくはになります。それを防ぐには、仕入れる商品をきちんと選ぶ必要があります。そのためにも、必要な道具は揃えて万全の状態で仕入れに行きましょう。

リスク対策:「利益出て、売れる商品」を見つければ良い!

これは僕の感覚なのですが、仕入れは利益商品を見つけるいわゆる「宝探し」ゲームだと思ってます。そのためには、道具が必要です。ドラ〇エでも、宝箱を開けるのに鍵という「道具」が必要ですよね?同じように、仕入れでも「道具」が必要です。

利益商品を見つけるために必要な「道具」

僕がおもに使っているのは3つです。

仕入れの際に用意しておくべきもの

・スマホ:各種アプリ、サイトを使うために必要

・アマコード(アプリ):アマゾンでの相場(利益が出るかどうか)を知る

・モノレート(サイト):アマゾンでの売れ具合(売れるかどうか)を知る

プライスター(アプリ):モノレート、Amazonのサイトにリンクでき、利益計算も一瞬でできる

 

スマホ&携帯充電器

まずはスマホです。これを忘れてしまっては、仕入れができないといっても過言ではありません。なぜなら、商品のリサーチ(利益が出るか?売れているか?)ができないからです。

<リサーチ時に使っているツール>
・アマコード(アプリ)※今はプライスターを使っているのでつかっていません

・モノレート(サイト)

・プライスター

を駆使することになります。リサーチする際は、アプリとサイトを行き来して調べることになります。そうすると電池の消耗が激しいので、一緒に充電器を持っていくと良いです。電池が無くなってしまってはリサーチできないですからね。

アマコード(アプリ)

リサーチしているときに、Amazonの販売サイトに商品名をいちいち入力するのは面倒くさいですよね?そんなとき、この「アマコード」というアプリを使えば、商品相場を簡単に調べることができます。

やり方は簡単で、商品のバーコードを読み取るだけです!まだ持ってない人は、アプリストアからインストール(無料)しておきましょうね!

モノレート(サイト)

モノレートはリサーチ時には必ずと言っていいほど使います。なので、見方や使い方は知っておくべきです。見方などを分かりやすく解説した記事もあるので、併せて読んでもらえればと思います。

このモノレートというサイトは、Amazonで販売されている商品情報が乗っているサイトになります。例えば、値段や商品の売れ具合です。

リサーチ時に商品が売れたときの入金額や一定期間にいくら売れているのかなどを確認し、仕入れるかどうかの判断をするときに使います。

あわせて読みたい!初心者でもわかるモノレートの見方

「プライスター」という最強のパートナー

せどりをやるのであれば、少しでも楽したいといずれ感じると思います。そんなときにオススメする便利ツールがプライスターです。このアプリを持つことになるでしょう。なぜなら、便利だからです。

詳しくはプライスターを使ったらこうなった記事で解説しているので、ここでは簡単に説明します。プライスターを使えば、リサーチ時間が大幅に減ります。(大体10秒くらいで終了するようになりました)

<プライスターを使うとステップは5つになった>

商品バーコード読み取る
      ↓
モノレートにとんで、売れ行きなど確認する
      ↓
Amazonでいくらで売れるのか見て、販売額決める
      ↓
仕入れ額と販売額打ち込んで、利益が出るか確認
      ↓
利益が出るなら仕入れる

あわせて読みたい!プライスターを使ったらこうなった!

実際にやってみた

プライスターを使ってリサーチするとこんな画面になります。利益計算は一瞬でやってくれて、「仕入れ価格」、「価格(アマゾンで販売しようと思っている金額)」を入力すれば自動的に粗利(利益)が計算されます。

例えば画面のように、雑誌1冊を¥150で仕入れ、¥1,980で販売するので利益は¥1,063と計算されます。(手数料も加味されて、ひかれた後の金額です。)この粗利がマイナスになったり、少なかったら仕入れるのをやめればいいのです。

さらに、モノレートへのリンクもあるので非常に便利です。す。めちゃくちゃ便利です!なので、月額¥4,980かかります。いきなりこの金額を払って使うのは不安だと思います。ですが、下のリンクから申し込めば30日間無料で使える「お試し期間」があります。

もちろん、30日以内に辞めてもお金はかからないのでこの機会にぜひ試してみてはいかがでしょうか?

まとめ

今回の記事では、仕入れに必要なものについて書きました。

仕入れに必要なもの

・せどりは「仕入れ」が大事!

スマホは必須!必要に応じて充電器も!

アマコード(アプリ)、モノレート(サイト)を駆使する

プライスターを使えば簡単にリサーチができる

僕も最初はアマコードとモノレートを駆使していたのですが、プライスターに切り替えたらもう手放せないです(笑)

今日の仕入れも、プライスターを駆使してあっという間に発見することができました。仕入はいかに効率よく利益商品を見つけるかが大事なので、必要なものにはこだわっていきたいですね。

というわけで今回の内容は以上になります。それでは!

p.s.コチラから申し込めば、プライスターを30日間無料で体験することができますよ!

この記事を書いている人 - WRITER -
・神奈川県田舎育ち、184cmの猫背男 ・現在、会社員4年目の27歳 ・大学時代に就職留年を経験する ・ネットワークビジネス&投資で400万円以上失う ・「堅実」に稼げるせどりで絶賛再起中 ・ウユニ塩湖に行って価値観が180°変わる ・座右の銘:「人生一度きり、やりたいことをやる」
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ウユジンの副業で稼ぐブログ , 2018 All Rights Reserved.