会社員しながら「堅実」に稼ぐ方法を発信中!

【2019年版本せどり初心者向け】きれいに梱包するための簡単な方法

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
・神奈川県田舎育ち、184cmの猫背男 ・現在、会社員4年目の27歳 ・大学時代に就職留年を経験する ・ネットワークビジネス&投資で400万円以上失う ・「堅実」に稼げるせどりで絶賛再起中 ・ウユニ塩湖に行って価値観が180°変わる ・座右の銘:「人生一度きり、やりたいことをやる」
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、ウユジンです!今回は、クリスタルパックを使った「きれいに梱包するやり方」についての内容になります。

始めたての頃は利益商品を仕入れることができて、めちゃくちゃ喜んでました。でも売れて利益が出なければ収入になりません。そのためにはお客さん、あるいはFBAであればアマゾン倉庫に発送しないといけないわけです。でもそのまえに商品を「梱包」しなければいけません。僕自身、今となってはキレイに梱包できるようになりましたが、せどりを始めたての頃はうまくできませんでした。

・梱包するために何が必要なの?
・キレイに梱包するやり方

せどり初心者の方にも分かりやすくポイントをまとめてみました。梱包に苦手意識のある方も、キレイに梱包ができれば楽しくなりますよね?そんな可能性のあるやり方を画像付きで解説しますので、ぜひ参考にしてみてください!

なぜ梱包するのか?

正直言うと、梱包作業はかなり面倒くさいです。「願わくばやりたくない・・・。」ですが、やらないわけにはいきません。なぜなら、やる価値のある作業だと僕は思っています。梱包をやっている理由は以下の3つです。

・商品を保護するため
・商品がバラバラになって紛失しないようにするため
・届けられたときの印象が良い

1つずつ解説していきます。

商品を保護する

これが梱包するもっとも大きい理由です。梱包しておけば、配送中に揺れて衝撃があっても商品へのダメージは最小限ですんだり、雨が降っていても濡れたりすることはありません。写真ではきれいな状態だったのに、届いたときはボロボロだったら嫌ですよね?梱包する手間はかかりますが、それでもやる価値のある作業です。

セット本であれば、商品の紛失防止

セット組みしたものであれば、多いものだと60冊を超えてきます。もし1つにまとめて梱包をしなければ、配送中バラバラになる可能性があります。そうなると、注文してくれたお客さんに正常な状態で商品が届かなくなってしまいます。さらに、Amazonの人や配送業者の人に負担をかけさせてしまうので、こうした理由からも梱包することをオススメします。

届けられた時の印象が良くなる

自分がお客さんの立場だった時のことをイメージしてもらいたいです。商品が梱包されている状態と商品がむき出しの状態、どちらのほうが届いたときに安心しますか?多分ほとんどの人が、梱包されている状態で届けられた方が安心すると思います。そういったお客さんの気持ちになってみても、梱包したほうが良いですよね。

梱包に必要なもの

僕が梱包に使っている道具は、たった4つです。入手するのに難しくもなく、費用もそれほどかかりません。

・クリスタルパック(OPP袋)のA4(文庫サイズ)、A3サイズ(コミック、雑誌):各¥780(送料込み)
・セロテープ約:¥100
・ハサミ約:¥100
・定規:約\100

計¥1,080

セロテープ、ハサミ、定規は100均でも売っているので入手に困らないと思います。OPP袋に関しても100均で売っているところがありますが、せどりで稼ぎたいのであればそこで買うことはオススメしません。なぜなら高いからです。

100均で買うと10枚で¥100(税抜)つまり、100枚¥1,000です。それが通販で買えば、100枚で¥780です。安いですよね。

さらに、商品を100個納品するのはあっという間なので、OPP袋の消費も激しいです。(参考までに、1か月で100枚使い切りました)その都度いちいち買いに行く手間と時間を省けて、なおかつ安く買えるので僕は通販で買っています。ちなみに送料無料なので、コストを抑えたい方はどうぞ!そんな簡単できれいにできる梱包のやり方を一緒に見ていきましょう。

やり方

さてここからは具体的なやり方に入ります。ステップも大きく分ければ4つしかないので、1袋に収まれば5~10分ほどで済みます。最初はうまくいかないこともあるかと思いますが、これに関しては「回数」です。何回もやっていけば、自分なりのコツをつかんでうまくできますよ!簡単できれいにできる梱包のやり方を、一緒に見ていきましょう。

①クリスタルパックの入り口を広げる

②本を入れる

写真撮影で1巻の表紙が移っている写真を撮りたいので、1巻が上にくるようにしておきましょう。1巻から入れておくとよいです。

入れ終わったら縦にします。注意してもらいたいのは、入れすぎるとクリスタルパックが破れてしまいます。そうならないために慎重に入れましょう。

③余分な部分を切る

余分な部分が長すぎると、あとで折りたたむのに苦労します。参考までですが、僕は本上5cmを目安にカットしています。

④袋の余分な部分を折りたたむ

「定規って何に使うの?」と思われた方って非常に多いのではないでしょうか。実は、袋のシワを無くすために使います。やり方は簡単で、折りたい方向と反対の方向に定規を動かすだけです。こうすることで、商品写真もキレイに撮ることができます。

⑤テープで止めていく

キレイに折りたたんだところが崩れないようにテープで固定しましょう。

⑤完成!!!


いよいよ完成です。うまくできましたか?最初のうちはうまくできないかもしれませんが、これは慣れるしかありません。何回も梱包して数をこなしていきましょう!

まとめ

今回はクリスタルパックを使った「きれいに梱包できるやり方」について解説しました。結論から言うと、梱包はした方が良いです。

・商品保護
・紛失防止
・見栄え

やってマイナスになることは、無いと思います。しいて言うなら、面倒で時間がかかることくらいでしょう。ですがこの作業を省いたりサボってしまうと、お客さんからクレームが来たり商品がなかなか売れない可能性も十分あり得ます。

もし、「堅実に稼ぐ」ということを目的にせどりをされているのであれば、売って利益を出さなければ意味がありません。そのために少しでも売りやすく、さらに利益を出すために高く売るのであれば、この梱包作業をしっかり丁寧にやっていきましょう。

というわけで、今回はこのへんで失礼します。

それでは!

この記事を書いている人 - WRITER -
・神奈川県田舎育ち、184cmの猫背男 ・現在、会社員4年目の27歳 ・大学時代に就職留年を経験する ・ネットワークビジネス&投資で400万円以上失う ・「堅実」に稼げるせどりで絶賛再起中 ・ウユニ塩湖に行って価値観が180°変わる ・座右の銘:「人生一度きり、やりたいことをやる」
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ウユジンの副業で稼ぐブログ , 2019 All Rights Reserved.