会社員しながら「堅実」に稼ぐ方法を発信中!

【ネットワークビジネス経験者は語る】勧誘の実態を教えちゃいます!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
・神奈川県田舎育ち、184cmの猫背男 ・現在、会社員4年目の27歳 ・大学時代に就職留年を経験する ・ネットワークビジネス&投資で400万円以上失う ・「堅実」に稼げるせどりで絶賛再起中 ・ウユニ塩湖に行って価値観が180°変わる ・座右の銘:「人生一度きり、やりたいことをやる」
詳しいプロフィールはこちら

・ネットワークビジネスに勧誘された、どうすればよい?
・そんなに仲良くない人から突然会おうと連絡来た、これって勧誘される?
・ネットワークビジネスをどう伝えるのが良いのか?

こういった悩みを解決する内容になっています。なぜなら、以前僕は実際にネットワークビジネスをやっていたので、勧誘される側と勧誘する側の両者の立場が分かるからです。

結論から言えば、勧誘されるのが嫌であればその場から立ち去るのが一番です。一方、勧誘する側は相手の立場になって考えて勧誘すべきです。勧誘されるのは少なくとも相手にとっては嫌ですからね。

ネットワークビジネスとは?

簡単に言えば、口コミビジネスです。例えば、友達に「○○ってお店のご飯美味しかったよ」と人に紹介すると思います。友だちが実際にお店に行ってご飯を食べました。その代金の一部がお店から紹介した人に支払われました。

これがリアルな話になってくると、「この化粧品良いよ!」とか「このサプリ良いよ!」という紹介の話になってきます。いきなりこんな話をされたら、ちょっと怖いですよね。

なぜ勧誘してくるの?

勧誘した人が商品を購入すれば、その人の報酬になるからです。ネットワークビジネスの報酬形態として、紹介した人が商品を買ったら会社から報酬が支払われる仕組みです。つまり、商品を売り上げたら報酬が入るので、一般の会社で働いて給料をもらうのと仕組み上はさほど変わりません。

でも製品の売り上げ以外に報酬があります。実は紹介した人がさらに紹介を出して売り上げた場合、その売り上げに応じた報酬が会社から支給されます。しかも割合でいうと、自分で売り上げるより多くの報酬がもらえます。

なので、勧誘の話を最後まで聞いてると、「一緒にやらない?」と言われることが多いです。実際に僕も言ってましたから。やはり勧誘していている人も結局お金目当ての部分がありますよね。

勧誘してくる人の特徴

「えっ?」と思うような方から勧誘されることが多いですね。例えば、あなたとのつながりが強くない人です。小中高の同級生とか、あとは部活の先輩・後輩とかですね。身なりなどの特徴もあるので一緒に確認しましょう。

身なり:やけに派手なスーツ・カバンなどで登場

これには理由がありまして、稼いでいる雰囲気を出すためです。上記でも話しましたが、仕事を紹介して売り上げてくれた方が紹介者はより稼ぐことができます。つまりビジネスを紹介するので、稼げていることを伝えることが大事になってきます。

そうなったときに口であれこれ言うよりも、見た目のほうがインパクトがあります。なのでちょっと明るめのスーツや、ブランド物のカバンで登場することが多いのです。

話す内容:お金の話や将来の夢について

一概にこの話題というわけではないですが、大体の確率で話す内容です。稼ぐことが必要だと認識させることで、ビジネスを一緒にするために話します。

確かに今後40年生きていくうえで、働き方やお金のことを考えるのは大事なことですけどね。

「税金上がるけど、給料は増えないよ」

「僕らの世代は年金もらえないよ」

こういった感じで副業する旨の大切さを話し、その1つの選択肢としてネットワークビジネスがあるよと伝えてきます。

ネットワークビジネスに勧誘されるまでの流れ

パターンはいくつか決まっています。定番の流れは「ご飯or飲み」→「説明会」ですね。今でこそ、会ったその場で書類を書かせるということは減っていると思います。では具体的な流れを経験者が語ります。

①「ごはんor飲み」の連絡が来る

勧誘する際、メールやLINEだとその場で簡単に断わられてしまうので、直接会って話をする必要があります。なのでLINEなどで「ご飯(飲み)に行かない?」的な感じの連絡が来ます。

「何で連絡来た?」と一瞬不審に感じるでしょうが、そういうことも考えられます。(純粋に会いたくなって連絡した可能性も十分にあります)

②ネットワークビジネスをやっていることを話してくる

いきなり話してくることは少なく、前段階の話をします。

・給料が少ない
・自由な時間が少ない
・老後は年金もらえない

今の現状のままで良いのか?ということを考えさせられます。これは自分の人生を生きていくうえで大事なことですけどね。

③「説明会or成功者にあってみない?」と打診してくる

「この人の話はすごく考えさせられたから、聞いた方が良い。あったほうが良いよ!」

というような感じで言われます。ここで興味があれば説明会に行ったり、人に会えばよいと思います。逆に興味が無ければきっぱりそう伝えましょう。

勧誘されたらどうすればよいの?

結論から言えば、興味があるなら話を聞く。反対に、興味がないなら断るの2つしかありません。

興味がある場合

その場合は、興味のあることを質問していきましょう。仕事内容、報酬など。

「面白そうだね、どんなことをしているの?」

こんな感じで、興味のあることを質問すれば相手はいろんなことを教えてくれます。ただし、注意してもらいたいのは、多少話を大げさにしてくることです。

よくあることとして、報酬を若干上乗せしてくることです。例えば95万円を四捨五入して100万円くらいと言ってくることです。嘘ではないんですけど、グレーな部分ではありますよね。

断りたいなら

その場合は、ストレートに断るべきです。なぜなら興味があるような発言やリアクションをすると、相手は興味があると勘違いしてより勧誘してくるからです。

「興味ないからやらない、教えてくれてありがとう!」

このようにストレートで伝えてあげれば、空いても勧誘してくるのをやめることが多いです。それでもしつこく勧誘されたら、用事があるなどと言ってその場を離れたほうが良いです。

勧誘する側は相手のことを考えて!

僕も実践しているときは相手のことを考えずに、ガツガツ勧誘してた時がありました。自分が良いと思っていても、相手はそうでないことは多々あります。

「ごはん行こう!」

「お茶しよう!」

と言って相手を誘って、ネットワークビジネスの話をしていませんか?それは相手がものすごく不快な気分になってしまうんですよ。なぜこう言えるのかというと、実際にこう言われたからです。

相手は純粋に、あなたと一緒に他愛もない話をしながらご飯を食べたりお茶したりするのが楽しみだったりします。そんなときに、勧誘やセミナーの話をされると水を差されて気分が悪いといわれました。

大事なのは「共感」です

結論から言えば、勧誘するのをやめたほうが良くて、「私はこんなことやってるよ」と相手に伝えてあげればよいです。具体的に言えば、

・なぜあなたはネットワークビジネスを始めたのか?
・やる前と後でどう変わったか?

相手が興味を示すのは仕事内容などではありません。あなたがどう変わったか?という部分です。そこで興味があれば相手から質問が来るので、そのときに話をすれば良いだけです。

興味がないのに話をされるほど嫌なことはないですよね?(例えば商品見ているだけなのに、店員さんに商品勧められたり)

僕がネットワークビジネスを辞めた理由

結論から言えば、稼げなかったからです。

こういった理由です

・休日返上しているが稼げなかった
・友達から断られまくる、時に否定的に言われる
・後から始めた人が結果を出す

本当につらかったですね。会社員しながら、休日をネットワークビジネスに費やしているのに全然稼げない。それどころか、どんどんお金を費やして最終的に100万円くらい使っていました。僕には向いていないと思い、辞めました。

だから、人に紹介せず、自分でったら堅実に稼げるもの、願わくば自分が何もしなくても稼げるものを探していて、ようやく見つけたのがインターネットビジネス(主にせどり)と暗号通貨投資のプラストークンでした。

両方合わせて、今では月に10万円ほど稼げています。

まとめ

以上がネットワークビジネスを実際にやっていた僕が伝える、勧誘の流れでした。勧誘されて嫌なのであれば、しっかり伝えましょう。伝える側も相手の立場を考えて、無理な勧誘はしないほうが良いです。

人の紹介に疲れて嫌になったのであれば、紹介せずに自分でやった分だけ稼げるものに変更したほうが気持ちが楽になりますよ!というわけで、今回の内容は以上になります。

それでは!

この記事を書いている人 - WRITER -
・神奈川県田舎育ち、184cmの猫背男 ・現在、会社員4年目の27歳 ・大学時代に就職留年を経験する ・ネットワークビジネス&投資で400万円以上失う ・「堅実」に稼げるせどりで絶賛再起中 ・ウユニ塩湖に行って価値観が180°変わる ・座右の銘:「人生一度きり、やりたいことをやる」
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© ウユジンの副業で稼ぐブログ , 2019 All Rights Reserved.